母子家庭、父子家庭などの一人親家庭には補助が出ます。

 
これを利用することで、経済的にかなり楽になります。

 
しかし、自分で手続きをしないといけないものもありますので、十分に調べて補助

 

をきちんともらえるようにしましょう。

 

 

まず、児童扶養手当ですが、これは1人親の場合に地方自治体から補助されるも

 

のです。

 
手当の算出には、父親の年収の算出も必要とされています。

 

補助が受けられるのは、18歳に到達して最初の3月31日(年度末)までの期間で

 

す。

 
以前は18歳になるまでということでしたが、高校まで通うというケースが多いという

 

ことで、現在の形になりました。

 
ちなみに、扶養手当というのは子ども手当と重複してもらうことができます。

 

 

次ぐに医療費助成です。

 
こちらは、いまは一人親かどうかに関係なく助成されます。

 
地域によっては、中学までは医療費が無料になるという医療費助成がされている

 

ところもあります。

 
この助成については、各都道府県、地域によっても異なりますので、

 

確認をしてみてください。

一人親でも、さまざまな助成金がありますので、ぜひそれらを最大限に生かしてく

 

ださい。

 
また、子育ての悩みなどがありましたら、

 

早めに相談できる環境があるといいでしょう。