現代は非常に離婚件数が多くなってしまいました。昔のように夫婦は生涯死ぬま

 

で添い遂げなければいけないものとする固定観念がこの世から無くなってしまっ

 

たのです。一度しかない人生で性格が不一致のパートナーと生涯過ごしたくな

 

い、愛情を感じられない夫婦関係を続けていくことに限界を感じる、浮気癖が治ら

 

ず相手に愛想をつかした等といった理由で別れるカップルが非常に多くなってい

 

るのです。しかし実際別れてみて気が晴れるどころか後悔の念を抱く人も多いの

 

が事実なのです。特に夫婦関係が長く熟年で別れた場合、独り身になって非常に

 

孤独感や寂しい感情に苛まれてしまうのです。まるで空気のように傍らに存在して

 

当たり前だったパートナーが急にいなくなると、やはり非常に寂しい気持ちになっ

 

てしまうものなのです。そしてその瞬間相手の嫌だった部分を忘れて、よい思い出

 

や良いところばかりがクローズアップされ美化されるようになるのです。そして別れ

 

なければ良かったかも知れないという感情を抱くようになるのです。また別れてみ

 

て、独りで生きていくのが非常に困難で厳しいことに直面し、別れたことを後悔す

 

る人もいるのです。特に夫の収入に依存して人生を送っていた人は、自活するの

 

が大変で別れたことを後悔するのです。