子供が父または母と名字が違う場合、家庭裁判所の許可を得て父または母の名

 

字を称することができます。

 
戸籍の筆頭者が父親であれば、母親が親権者の場合でも子の籍は父親の戸籍

 

に残りまた名字もそのまま変わりません。

 
ですので母親の戸籍に移動し、母親の名字を名乗りたい場合「子の氏の変更許

 

可の申し立て」をして家庭裁判所の許可を得る必要があります。

 
また、父母が婚姻中の場合は家庭裁判所の許可は必要ありません。

 
「子の氏の変更許可の申し立て」は、子が15歳未満の場合には法定代理人(親

 

権者)が子に代わって変更手続を行います。

 
申し立てる裁判所は子の住所地の家庭裁判所になり、申し立て手数料は子1人

 

につき800円です。

 
収入印紙は裁判所内の売店で買えますので用意していく必要はありません。

 
申し立てに必要な書類は以下の通りです。

 
1申立書(裁判所内でもらうかHPからPDFファイルダウンロードできます)

 
2申立人(子)の戸籍謄本(全部事項証明書)

 
3父・母の戸籍謄本(全部事項証明書)

 
父の戸籍に子の籍が残っている場合は母親の戸籍のみ必要です。

 
裁判所から許可を得た場合、子の籍を移動するには子の本籍地又は届出人の住

 

所地の市町村役場に入籍届を届け出てください。