夫婦の離別の際に、しなければいけないことはたくさんあります。

 

まずは、戸籍の届出を役所で行わなければなりません。

 

戸籍の届出の際は夫婦二人揃ってでなくても良いのですが、本人確認書類とし

 

て運転免許証や健康保険証は忘れないようにしましょう。

 

受付の際は、届出の時間を正確に記録されます。

 
戸籍の届出を終えた後、戸籍の書き換えが完了し、戸籍謄本が発行できるように

 

なるにはしばらく時間がかかります。しかし、住民票上の変更は平日の日中であれ

 

ば、当日中に済ませることができます。新しい住民票も当日中に出来上がります。

 
ただし、戸籍の届出を行うだけでは住民票の変更や世帯主変更はできません。

 

戸籍の届出とは別に、住所の異動届を提出する必要があります。

 

住民登録上の異動届と戸籍の届出は同時に提出しても問題ありません。

 

離別の届出はするものの、しばらく居住地は二人一緒で変わらない場合、世帯主

 

でない方の人は、妻または夫という表記から同居人に変更になります。

 

それが嫌である場合は、世帯分離の申請をすれば、同じ住民登録地に世帯主が

 

二人という登録に変更できます。

 
戸籍の届出と住民登録の届出が重なると非常にややこしくなるので、手続きの際

 

は役所の職員によく確認しておくべきです。