独り身と聞くと非常に寂しいイメージを思い浮かべるものです。

 

しかし寂しいばかりではありません。それとは引き換えに自由を手に入れることが

 

できるのです。早く家に帰って妻の手料理をきちんと食べなければいけない、

 

夫のために早く家に帰ってご飯を作らなければいけない、夫が帰宅するまでに掃

 

除洗濯などの家事をこなさなければいけない等、こうした義務感や束縛に縛られ

 

ることがないのです。いつ帰宅しようが、いつお風呂に入り食事を摂っても文句を

 

言われることもありません。束縛がなく自由なために、毎晩飲み歩いてもよく、

 

そして恋愛もし放題なのです。また趣味に没頭することも独りなら可能なのです。

 

大好きなプラモデル作りに没頭したり、ブランドバッグをコレクションしたり、休みの

 

一日を読書に費やすこともできます。独りであることは、趣味にお金や時間を存分

 

に費やすことが可能なのです。こうした趣味に没頭できる時間が沢山持てること

 

は、転じてそれが職業、収入に直結する可能性も秘めているのです。

 

独りになって趣味の小説を書くうちにそれがコンクールに入選し、作家先生になっ

 

た人も存在します。独りであることは寂しさとは引き換えに、自由な時間を持て無

 

限の可能性をも秘めていると言えるのです。