インターネットの普及、携帯電話の普及によって、昔よりも格段と男女が出会う可

 

能性が増えました。チャットやフェイスブック、ライン、出会いサイト、

 

婚活サイトの出現によって、誰もが不特定多数の異性と出会うことが非常に簡単

 

になっているのです。それに伴い、浮気や不倫もそう珍しいことではなく、

 

身近にある出来事になってしまいました。しかしその代償としてバツイチ生活を送

 

らざるを得なくなってしまった人も世の中には非常に沢山存在するのです。

 

しかしこうした生活に陥るのも、自分の人生の選択によって自分が自ら選んだ道

 

なのです。そのためその生活を悲観したり、後悔したりする必要は全くないので

 

す。妻や夫がいながらも、他の異性を魅力的に感じてしまい、恋に落ち、自分の

 

意思決定によって男女の仲になってしまったはずなのです。

 

そのときは結ばれて最高に嬉しく幸せだったに違いありません。

 

しかし倫理的道徳的に夫や妻がいながら恋愛するのはいけないこととされている

 

ので、別れがあり、今現在独り身の生活を送っているに過ぎないのです。

 

誰にでも過ちや、どうしようもない燃え上がる感情をかき消すことができない場合も

 

あるものです。

 

それこそが人間と言うものであり、煩悩の俗世を生きている証拠でもあるのです。